「一見する同性愛の理由のための国外追放で」

EICHELによって遂行されるテーブルの再生
(75 x 65 cm)および記憶の 」忘れられている連合「に提供されて


 

 

記憶の「忘れられていて」
覚えるべき義務の同性愛の市民連合

場所で入るため

 

記憶、国民の記憶連合の「忘れられていて」、 

公共企業体および施設によって確認される、 

同性愛の理由のための国外追放の知識を使用 

そしてのそして向こう認識フランス。 

それは領土委任として組織され、百人のメンバー説明する。
私達の行為公共企業体をおよび教育は目指す、 

記憶および生地L.G.B.T. (レズビアン、ゲイ、BiおよびTRANS)の俳優と同様。 

現在で断固として固定されて、私達のアプローチはまた翻訳される 

すべての差別に対する相互依存の戦いによる日刊紙を使って。 

私達の連合支持者ではなくは区別なしですべておよびすべてと、どれも開かない。